ネットビジネスは手軽に始められる反面、その効果が疑わしく思われるものや、最悪なものでは詐欺まがいのものも出回っています。

またその性質上クーリングオフが適用されないこともあり、利用者の立場に寄り添ったものはそんなに多くないのが実情です。

そんな中、「トレジャーリサーチ」というビジネスがにわかに話題を集めています。ビジネスとしての完成度・信頼度に加え、返金についてもユーザーライクの対応を行ってくれるとして「神対応!」と評判になっています。

訴訟での返金は必ずしも上手くいかない

同業他社の事例では、基本的に返金対応をしているところはごく少数です。
一部の業者では、表向きには返金を謳っているものの難癖をつけて結局返金されない、というケースもあったそうです。

そうなった場合に効果的と思えるのが民事訴訟ですが、実は訴訟を起こすのは思ったほどメリットは多くありません。悪質業者に対し裁判や訴訟をちらつかせるのはある種健全な脅しのように思えますが、業者側もその辺は熟知しています。そのようなケースでも何食わぬ顔で立ち回り、かすり傷程度の出血で切り抜けてしまうのです。

逆に訴訟を起こす側からしたら弁護士費用などもバカになりませんし、諸々の手間などを考えたらそれなりの時間も必要です。だからといって訴訟の結果が必ずしも満足いくものになるとは限りません。一見効果的と思える民事訴訟も、その過程、また得られる結果によっては徒労に終わってしまうことも珍しくありません。

トレジャーリサーチはノウハウも返金対応も健全に確立されている

トレジャーリサーチでは、「1か月で成果が上がらない場合は返金」というシステムがありますが、そもそもしっかり成果が上がれば返金を依頼する必要もありませんし、大前提として働いた分だけ対価を得られるビジネスが真っ当なビジネスであるはずです。

トレジャーリサーチの優れているところは、あくまでネットビジネス初心者が取り組むことを前提に、収益が生まれる仕組みを全てシステム化したことです。「お宝探し」の要領で仕事ができるという点は、一見本当にまともなビジネスなのか?と思ってしまいがちですが、そこが初心者が取り組みやすい工夫のひとつです。苦い薬を子供向けに飲みやすくしたようなものだと考えれば分かりやすいかもしれません。

それでも、いざというときは返金となることもあるかもしれません。トレジャーリサーチでは、その返金対応においても一切のよどみがありません。それだけではなく、ユーザー都合で継続できなくなってしまった場合でも、ケースバイケースで返金対応する可能性があるそうです。

情報商材に限らず、一般的な商売においてもユーザーや購入者の自己都合で返金に応じることはまずありません。仮にそうなった場合、返金額は満額というわけにはいかないでしょうが、きっちり相談に向き合ってくれる姿もトレジャーリサーチの良心を感じます。

まさに「神対応」です。

長々と返金や訴訟について書きましたが、そもそも訴訟を起こす必要もないものを最初から始めればいいだけのことです。トレジャーリサーチには、その条件が十分に揃っていると思います。